So-net無料ブログ作成

「レ・ミゼラブル」仙台公演 [徒然な日常]

昨日、行ってきました。

もちろん、研修が終わってから高速をかっ飛ばして。

最高速度が140km/hだったかな(苦笑)。

(あ、一応、就職しました。 パートだけど…・苦笑)

仕事を決めてからこの演目に行くか止めるか相当悩んでいたのです。

しかも、研修休んで行くつもりもしてたんですけど、やっぱり仕事は仕事、初めての業種で
覚える事も沢山あるという事で、研修が終わってからぶっちぎりで行ってきました。

キャスティングは次の通り。

ジャン・バルジャン:山口祐一郎
ジャベール:今拓哉
エポニーヌ:知念里奈
ファンテーヌ:シルビア・グラブ
コゼット:神田沙也加
マリウス:山崎育三郎
テナルディエ:三谷六九
マダム・テナルディエ:森公美子
アンジョルラス:松原剛志

残念なのは2Fの最後方のど真ん中で、ステージが全て見渡せる席だったのですが、
自分の視力の限界があり、表情などまで細かくは見れなかったというところでしょうか。

遅刻覚悟で行った割には、30分以内の遅れで助かったと思いました。

丁度、ファンテーヌの独唱のところだったし。

演出がまた様変わりしていたようで、今回のレミゼも素晴らしかったです。

祐一郎さんの歌声には痺れっぱなし。

で、今回も今ジャベールがますますパワーアップしていて、すっごく魅せてくれました♪

年齢が役どころに近く(?)なってきた所為か、すんごくしっくり来ると言うか、
熟してきたと言うか、とにかく、「star」も自殺する前の独唱部も、また涙が
出そうになりましたもん。

他に楽しかったのは、マダムティナルディエ役の森久美さんが、仙台弁丸出しで
台詞を言ってたところとか…(笑)。

すんごく役にハマっていたと言うか、役の魅力として十二分に発揮していたと言うか、
場内くすくす笑いがあちこちで起こってました。

残念だと思ったのは、知念エポニーヌがうるさかったのと、ガブロッシュが今ひとつだったくらいですか。

もう、最初から見られなかったのはもちろん残念ですけど、観に行って良かったですよ、本当に。

しばらく観劇、コンサート、その他イロイロ、行けないとは思いますが、そんな中で久しぶりに感動を頂いたステージでした。

帰りの山道は辛かったけどね(真っ暗で)。

今年、秋口に東京での公演があるので、行けたらいいなぁ。
nice!(0)  コメント(2) 

驚いた訳です [徒然な日常]

RIMG0315.jpg

写真、冷蔵庫の中なんですけど、いつだったか食事を作るのに材料を取ろうと思って
冷蔵庫のドアを開けたらいきなり目の中に飛び込んできたんですよね。

それまで無かったものが鎮座ましますってーと一瞬唖然とするものです。

多分、母が取り付けたんだと思うのですが、その理由はどこから来るものなのかは
未だに聞いていませんが、まぁ、やはり昨今のエコブームあたりなんですかねぇ?(苦笑)
nice!(0)  コメント(0) 

ドライブ [徒然な日常]

RIMG0321.jpg

今日は甥っ子がやって来ました。

1日預かりだったのですが、途中家の中で遊ぶのに飽きたようなのでドライブして
きたんです。

写真は、その途中、白布の山裾で遭遇した猿軍団です。

結構な数の集団が日の当たる田んぼで拾い食いしてました。

チッサイ小猿もいれば喧嘩をする大人猿もいて、ほんの少しの間ですけど何か和んだなぁ。

甥っ子も午前中から夕方までとりあえず問題もなく無事預かりも終了。

コース次第でこんな自然に出会えるのでした。
nice!(0)  コメント(0) 

寒い日が続いてます [徒然な日常]

RIMG0317.jpg

写真は先月28日のもの。

南の方では桜の便りも届いているだろう頃、わが町にはこんなに雪が降ってました。

まぁ、1日2日で融けましたが。

最近はゲームにうつつを抜かしております。

いちばん好きなのはRPGのドラクエですが、たまにネオロマ系などもやったりしますが
なかなか思ったような結果が出ずがっかりする事の方が多いかも。

オンラインゲームなどでも面白いものがあるようですが、我が家のPC環境では
もうちょっと整備しないと出来ないものが殆ど。
なので、後ろ髪を引かれることはないのですが、指をくわえる事もままありますか。

ゲームの他には読書してます。

今読んでいるのは京極夏彦の「続巷説百物語」。
もっぱら図書館から1冊ずつ借りてくるのですが、貸出期間2週間に1冊では物足りないので
もう1冊は別の人のを借りてくるのですが、そのチョイスに困ってます。

日頃から新聞やネットの売り上げやら書評やらをチェックして読みたい本をリストアップして
ますが、読みたいと思っても入ってなかったりもするので悲しい思いをする事が多いかな。

そんな事を続けているおかげか、最近では体が活字を欲する時がありますね(苦笑)。

ま、そんなのんびりした時間もそろそろ幕切れを迎えそうですが。

そろそろ車のタイヤ交換やら雪囲いの取り外しなどもしないといけません。
春も少しずつ進んでいるようですからね。
nice!(0)  コメント(2) 

菓子作り [徒然な日常]

RIMG0309.jpg

就活の合間に菓子作りをしてました。
最近の我が家の傾向かな。

金をかけずにおいしいお菓子を頂く。
おいらはクッキーとかケーキとかで、母はうぐいす餅を作ってくれていた。

写真はとりさん型がコーヒークッキー↑で丸いのがチョコチップクッキー↓。
どちらも簡単ですな。

RIMG0310.jpg

母の作るうぐいす餅は市販の切り餅を使って作るので、早く食べないと堅くなりやすいの
ですが、美味しいのです。
切り餅をレンジでチンして柔らかくして餡を包んでこれまた自家製のきな粉をまぶして
出来上がりです。
最近中に入れてるのは自家製のじんだん餡(枝豆を潰して作る)ですか。

あと、もっと簡単に作れるものは無いのか?と思っていたら、ホットケーキミックスを
使ってレンジケーキが簡単に作れる事を発見しまして、最近は主にそっちをよく作って
食べてます。
まぁ、ホットケーキミックスを使わないで小麦粉とベーキングパウダーと砂糖でやってますがね。
これに市販の抹茶オレだとかキャラメル何とかを混ぜてしまうと簡単にフレーバーの
バリエーションが増えるので嬉しいのですが、程よい柔らかさを得るために、未だ分量を
調整中なのでした。

そうやって作って食べてお籠り様してるんで太るんですよね…。

やっと暖かくなってきたのでいろいろと活動しやすいはずなのですが、一つ事に集中しちゃうと
それ以外が見えなくなってしまうので気をつけないと。

でも散歩には行って来たいと思います。
nice!(1)  コメント(2) 

最低気温が氷点下 [徒然な日常]

そんな日がまだまだ当たり前のように続いている米沢です。
今朝程はマイナス7度とか聞いた割には少し温かかったかもしれませんが。

clafouti.jpg

さて、写真は日曜に作ったリンゴのクラフティです。
小林ケンタロウ氏の菓子本に載っていたのを作ってみました。

材料も作り方も簡単だったのですが、型が指定のものとはちょっと違って小さめ
だったので焼いてる最中に溢れてきてました。
ま、そんな事は気にする事じゃないですが。

味はヨーグルトを使っているのでわりかしさっぱりした感じで、リンゴの果汁が生地に
しみ込んでとても美味しかったです。

本にもある通り焼きたての熱々が美味しいとおいらは思ったものですが、母は
冷めた方が美味しいと言ってましたね。

美味しく頂ければどちらでも嬉しいです。

次もリンゴを使った焼き菓子を作る予定。

菓子作りはやはり楽しいですね。
nice!(1)  コメント(2) 

雨水の後の豪雪 [徒然な日常]

signal.jpg

先週の土曜日、毎月恒例のいつものメンバーでのカラオケがありました。
毎度の事で、おいらが車で友人2人を迎えに行くのですが、東方に住む友人宅へ行く途中の
信号全てが写真の通りの状態で、はっきり言って何色だか判別するのが相当難しい状態でした。

前の晩から風が強かったので信号にも着雪したのでしょうが、はっきり言って最悪です。

その後、友人と合流してからもその話になったのですが、今の信号機はLEDに切り替わっているので
熱も発せられないので余計に着雪しやすかったのかもね、なんて事も。

次に西方に住む友人を迎えに行くと、今度は道路の除雪機が入ってないので友人宅近辺の
住宅地の道路はさらさらの雪がタイヤ半分埋まる程の積雪。

友人宅前で方向転換をしたら、新しい雪の下のざらついた雪に車の足を取られてしまって
これまた脱出するのが大変だったり。

例年なら今頃から温かい日が増え始めて春に向かうのですが、この日ばかりは真冬日に逆戻り。

そんな大変な日も、カラオケが終わってみるとからっと晴れておりました。

欲しい時(地元の雪灯篭祭り)に降らなくて、必要ない時に大雪とは、天の采配も何といたずらな事…。

温かい春が本当に待ち遠しい今日この頃です。

カメラ:ricoh R8
nice!(0)  コメント(2) 

「薔薇十字探偵」 [book]

京極夏彦の書く京極堂シリーズに出てくる探偵、榎木津礼二郎主役のペーパーバックスです。



本自体は既に増刷もされず幻と化しているようですが、あの榎木津氏が主役と言うのは
どうしても読んでみたいものですね。

傍若無人というのか、天上天下唯我独尊というのか、美麗の容姿に文武両道(?)な彼が
どんな活躍をするのかが気になったのです。

読んだ方の感想をお聞きしたいものです。
nice!(0)  コメント(0) 

「この世でいちばん大事な「カネ」の話」 [book]

西原理恵子氏の本です。



著者の経験からの「カネ」についての様々な話から人生の生き方みたいなところまで思う存分
書いていらっしゃいます。

貧乏暮らしから得たもの、「カネ」のあり方、ギャンブル、借金、「カネ」を得るための努力などから
産まれた自分の生き方、「カネ」とのつき合い方など、本当に考えさせられました。

今まで自分がどれだけ考えなしだったかを反省させられました。

小学生高学年くらいの子供が親と一緒に読む、中学生以上の子供や社会人になってからでも
読むのが遅くないと思える1冊でしょう。

ただ、自分の場合はこの本に出会うのは遅過ぎたかもしれないと思いましたが、起死回生するために
出会えた事を感謝し、巻き返しを図りたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

アタシアタシ [徒然な日常]

先日、早朝に電話がありました。
母が出たのですが、相手はのっけから「アタシアタシ」というばかりだったそうです。
「どちらのアタシ様?」と聞けば
「おっぱいのおっきなアタシ」とか、とにかく名乗ろうとしないので
「そんな人は知らない」と電話を切ったそうです。

結論から、これは「オレオレ詐欺」の「アタシ版」ということでしょう。

オレオレだけでなくアタシアタシという電話にも気をつけなければならないと言う事です。

どちら様もご家族に注意喚起を。

最近では「オレオレ空き巣」なども発生しているそうですから、何事にも疑いを持って
かかるのが引っかからない予防にもなるのでしょうから。


写真は煮干しです。
見たまんまです。
母が出汁を取るのだと水につけていました。

RIMG0280.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。